彼岸島の兄貴

ちょっと古い話ですが彼岸島の
兄貴編の単行本が先月発売しました。
吸血鬼と人間の闘いの中で起こる様々な
悲劇などが起こる出来事の漫画です。
こんなにヤンマガの発売を毎週心待ちに
してるのは生まれて始めての体験です。
この漫画に引き込まれます。
ちなみにヤンマガは彼岸島しか読みません
(もったいないお化けが出るかも)
オレンジレンジも読んでるみたいですが
ガードレールも読んでますよ
松本先生、紹介してください!
前にも書きましたがその中で一番好きなキャラがいます
主人公の兄貴です。今はもう出てきませんが・・・
でも兄貴がいなくなってマジ悲しいよぉ~
どんな形でもいいからもう一度兄貴出てきて欲しいなぁ~
兄貴で一番好きな台詞があります
■兄貴が主人公をどうにかして助ける場面です。
(ほっといて逃げることも可能ですが兄貴はボロボロになって戦います)
兄「なぜこんな態度に出るか分かるか?」
吸血ボス「は??」
兄「それはな!人間である証だからだよ、おまえら吸血鬼にはないだろう?」
人間って弱い所も強い所も持っている不思議な生き物
だなってこの時感じました。心が折れそうになるときもあるけど
勇気も出せる。優しさもある。
兄貴は教えてくれました。
続編の映画が出たら兄貴やりたいな
監督がこれ見てたら体重元に戻すから兄貴やらせてください
カッパとメガネはこちらで用意します